モデルが実践している食事・食生活のポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

雑誌やテレビで活躍するモデルは、スレンダーで細い体型の人が多いです。

「私もモデルさんみたいな体型になって活躍したい!」と、モデルの食生活やダイエットが気になっている人も多いはずです。

モデルは普段、どんな食生活でスタイルを維持してるのでしょうか。

今回は、モデルとして気をつけたい1日の摂取カロリーや食生活、食べ過ぎたときのリセット法を徹底解明していきたいと思います。

モデルの1日の摂取カロリーは?

モデルの1日の摂取カロリーはその人によって様々です。
それぞれの生活スタイルや身長、体型によって異なります。

1日の摂取カロリーを何キロカロリーにするのかの目標を算出する方法として、
体重に25から30をかける方法があります。

この時気をつける必要があるのは、現在の体重ではなく、目指している体重に25から30をかけたカロリーに設定するという点です。

(例)
体重を45㎏まで落としたい場合
45㎏×30=1350キロカロリー
となります。

上記はあくまで参考ですが、モデルとして活動している人は大体1日の摂取カロリーを1300キロカロリー~1600キロカロリーほどに収めている場合が多いようです。

モデルの食生活や食事の内容は?

健康的な食事の画像

モデルの食生活といっても、ただ食事の量を減らしているのではありません。
バランスよく食べ、自分に合ったダイエット法や運動をすることで、体型を維持している人が多いのです。

そんなモデルの食習慣には、私たちが普段参考にできることも多いため、実践できることは上手に取り入れていくことで、理想の体型に近づけるようになるでしょう。

ここからは、モデルが食事のときに心がけている豆知識を紹介しましょう。

痩せやすい、ベストな食事タイミングを知る!

まず重要なのが「食事をとる時間」です。
特に夕食の時間帯は、どのモデルもシビアに考えているポイントと言えるでしょう。

夕食を食べてから消費されなかったカロリーは寝ている間に体に蓄積されます。すると、翌日以降にカロリーがくり越されてしまい、結果として脂肪になってしまうのです。

また、夕食の時間が遅いと体内時計が乱れ、ホルモンなどに影響されるという研究もありますので、遅くても19時までに夕食を済ませるスタイルが理想とされています。

有名なモデルや芸能人は、「夜18時以降は何も食べない」と話す人が多いですが、非常に効果的なのでぜひ実践してみてくださいね。

太りにくい食べ方を知る!

食事の時間帯と合わせて、上手な食べ方を覚えておくことも必要不可欠と言えます。
太りにくくなり、翌日の体型に大きく関係することとしては以下のようなことがあります。

・火を通した温かいものを食べることで代謝(カロリー消費)を上げる
・揚げ物はカキフライかエビフライにする
・ガッツリ食べたいときはエビチリかロールキャベツ
・ヨーグルト+ドライフルーツ+ココアで低カロリー&満腹感
・海藻・貝類で新陳代謝アップ
・夜型タイプや夜遅くの食事になってしまった時ほど、たんぱく質を積極的に摂る
・菓子パンは絶対NG

ダイエットに向いてない食材・食品を知る!

ダイエットのときに、頭に入れておきたいのが「ダイエット向きの食材・食品」でしょう。
こうした食材を覚えておくことで、ダイエットの効果が飛躍的にアップしますので、ぜひ覚えておくことをおすすめします。

【特にダイエットにいい食品】
◎エビ、ささ身、赤身の魚、卵、オリーブオイル、ごま油、ほうれん草、えのき、大豆、ワカメ

【ダイエットに悪い食品】
×マーガリン、ソーセージ、はんぺん、春雨

はんぺんや春雨は、一見カロリーが低いのでダイエット向きと思われがちですが、実は糖質が高いため注意しましょう。

要注意!太りにくいお酒の飲み方とは?

ダイエット中のお酒は禁物・・・しかし、仕事の都合で会食へ行かなくてはいけなかったり、「どうしてもお酒が飲みたい!」と感じる日もあるはずです。

そんなときは、お酒の種類に注目してみましょう。
お酒にも、「太りやすいお酒」と「太りにくいお酒」があります。

飲み会の席で食べるおつまみと合わせて、ぜひ意識してみることをおすすめします。

たとえば、1杯あたりのカロリーは・・・

・シャンパン(248kcal)
・生ビール中ジョッキ(136kcal)
・赤ワイン(110kcal)
・ウーロン茶割り(108kcal)
・ハイボール(73kcal)
・生グレープフルーツサワー(62kcal)
・カシスウーロン(26kcal)

となっています。
例えば、シャンパンやワインは、カロリーだけでなく糖質も高く、アルコールも強いので太りやすいお酒となります。

ハイボールや生グレープフルーツサワーは糖質が低く、カロリーも比較的少ないお酒なのでおすすめです。枝豆や冷ややっこ、キムチなどと合わせて飲むことで、ダイエットにも効果的でしょう。

モデルが食べ過ぎたときの対処法

健康的な食事を食べている画像

ここからは、ダイエット中についつい食べ過ぎたときの対処法についてご紹介します。

人間の体は3日前に食べた分が現在の体重になると言われますので、2日以内に食事の調整をすればプラスマイナスゼロにできる可能性があります。

「昨日の夜食べすぎちゃった・・・」
そう思っても、翌日の食事で調整をすることで、体重は全く増えないので安心して下さいね!

運動でカロリーを徹底消費する

食べ過ぎてしまったら、運動することで カロリーを消費しましょう。

中でも、水泳やランニングを1時間ほど行うのが効果的ですが、
モデルが普段カロリー調整で行っている運動はホットヨガやパーソナルジムが多いようです。

また、運動をする時間がない場合は
電車移動の1駅分を歩いてみたり、駅のエスカレーターを階段に変えるなどの小さな心掛けだけでも効果があるので、ぜひ試してみてくださいね。

コンビニ食材で作る「低糖質」ランチで調整

ダイエット中のランチは誘惑だらけ。

そんな時にぜひ試して欲しいのは、コンビニで販売されている「低糖質」の商品です。

・サラダチキン
・ブランパン
・野菜スティック
・ゆで卵
・かにかま
・つけもの
・サラダ類(ドレッシングはノンオイルのものを)

などをうまく組み合わせることで、ダイエットに効果的なランチが完成します。

糖質を完全オフするのではなく、血糖値の上昇を緩やかにしてくれるという意味で、太りにくい体づくりの味方になってくれるでしょう。

水分をしっかり摂って代謝アップ

代謝を上げるために、必要不可欠なのが「水」です。

食べ過ぎてしまった翌日は、ミネラルウォーターをいつもより多めに摂取することで、排出や代謝をスムーズにしていきましょう。

1日に必要な水分量は2Lと言われていますが、水やお茶のみで2Lをとるのはなかなか難しいでしょう。
お味噌汁やスープ、果物類やスムージーを組み合わせながら、うまく補充していけると良いですね。

野菜をたっぷり摂取!

ビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富に含まれている野菜は、代謝アップにとても効果的です。

基礎代謝を上げることで太りにくい身体を作る事ができますし、食べ過ぎた翌日のリセット食としても◎です。

おすすめは、スープやお味噌汁などで摂取することです。一度にたくさんの野菜を摂取することができるため、食べ過ぎた翌日のデトックスとして多くのモデルが実践しています。

また、野菜に含まれた栄養を「最大限」摂取できるよう、極力焼いたり蒸したりなどの調理は控え、「素材そのまま」の形で食べることが良いとされているようです。

まとめ

今回は、モデルとして気をつけたい1日の摂取カロリーや食生活、食べ過ぎたときのリセット法をご紹介しました。

モデルのダイエットで意識するべきポイントは

・痩せやすいベストな食事タイミングや食べ方、食材を知る
・食べ過ぎたら2日以内の調整で、体重増加を防ぐことが可能
・水分と野菜で理想の身体を作る

です。

モデルという職業は「身体」が商品になるため、価値を生むような魅力的な身体を作ることができるよう最大限の努力をしていきましょう。

画像参照元:http://o-dan.net/ja/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*